ローマ史記事紹介

歴史

歴史は、個人がその知識力を競う為のものではない。一人でも多くの人に対して知られ続けなければならない。誰かの知っている事と別の誰かの知っている事が違ったら、その何れかを否定し扱き下ろすのではなく、角度を変えて、立場を変えて見て見る。
2019.10.29
先史時代記事紹介

霊長類ヒト科ヒトの登場

地球(人類)の謎さえ解けないでいる人類が、地球外のアダムとイブになろうとしても無理だろうな。みたいな事を思いつつ、霊長類ヒト科ヒトの始まりを色々考えてみる。その最初の投稿文です。
2019.10.25
酔舞如記事紹介

歴史には革命が必要

現生人類に文化を齎す結果となったのは、認知革命、農業革命、科学革命など、大きな革命が起きたからである。が、実はこれらの革命は現在も進行中であり、全く別の人類を生む可能性を秘めている。
2019.11.01
酔舞如記事紹介

サッフォー。十番目のムーサと称された才媛

人類史上初めての"女性教師"と云われている伝説の美女サッフォー。主に、女性達への愛の詩を綴った女流詩人でもあった事から、レスヴォス島を「レスビアン」の語源としてしまった事でも有名(寧ろ、その事でこそ有名になった)。
2019.10.24
日本史記事紹介

新・日本古代期怪説(2)~アズミ人(安曇人)の旅.2~

日本人そっくりさんの国々ルート キルギス族 インド北部で、チベット民族となる兄弟=D1a1グループと別れたご先祖様方=D1a2グループ一行は、チベット高原を北上すると現在のキルギスに入る。元ソ連邦国家で 1991年に...
2021.06.20
日本史記事紹介

新・日本古代期怪説(1)~アズミ人(安曇人)の旅~

日本列島はどのようにして現在の姿になったのか?・・・それは知らない。知らないけれど、海の中に、大小無数の島々で構成する現在の姿として"置かれている"のは、驚愕の天変地異によって引き起こされた結果であろう。 私達人類が『地球』と名付け...
2021.06.20
酔舞如記事紹介

赤ちゃんとの関わり方が社会を育てる

出産~育児サイクルこそが人間の「社会」形成の原点である。子を育てるには、周囲の手助けが不可決となる。だからこそ、孤立の危険性がある男女は結婚して子どもを生み育てることなど安易に選んではいけない。
2019.10.27
酔舞如記事紹介

ユヴァル・ノア・ハラリ/サピエンス全史

歴史とは何か?と問われたら・・・「これだ!」というピッタリの説明文が『サピエンス全史(上巻)』(著者=ユヴァル・ノア・ハラリ氏:1976年2月24日生)(日本語訳文=柴田裕之さん)に書かれている。 続きは、歴史改正・別館~酔舞如...
2021.06.21
タイトルとURLをコピーしました