酔舞如記事紹介

資源を持たないフリをするしかない日本国・前編~人と石炭とラグビーの話~

ヒトというこの上ない資源を1億2千万人も持ちながら、その半分以下の人口しかない国々の民の裕福さの足元にも及ばない国である日本は、資源の有効活用手段を構築することが下手糞過ぎる。結局、フロンティア精神とか勇気のようなものが著しく欠落しているからだろう。
雑記色々

米国は軍縮出来ない。その滑稽な理由・・・

人間は、常に(実体の無い)得体の知れない何ものかと向き合っている。 得体の知れないものとは、「超能力」「幽霊」「妖怪」「悪魔」「鬼」「死後の世界」他、様々。そして「宇宙人(宇宙生物)」「未確認飛行物体(UFO)」も、それら得体の知れないものに属する。
酔舞如記事紹介

「桜を見る会」問題について

桜は日本を象徴する花であり、「時季が過ぎれば必ず散る花、そして時季が来たら"必ず"咲く花」である。 今、世間を騒がせている「桜を見る会」ですが、この会の第一回目は昭和27年(1952年)で、何度か中止した年もあるけれど、今年が64回目の開催だった。
酔舞如記事紹介

如何なる賢人でも、恋愛(結婚)相手を間違える事はある

結婚してもそれを不幸に感じる結婚もある。 "経験論哲学の祖"と称され、『知識は力なり』『やってみなければ分からない』の言葉でもよく知られているフランシス・ベイコンは、経験したことが無い結婚をやってみて、その経験がその言葉を言わせたのかもしれない。
酔舞如記事紹介

反日本主義と皇位継承問題の怪説

天皇は、国民の上に立つ「帝」ではなくなり、国民統合を「象徴」する存在とならせられたが、天皇や皇后、そして宮様方が御示しになられる立ち居振る舞いや、お伝えになられるお言葉等々こそが、日本国民が日本国民であることを常に再確認出来るようになった。
酔舞如記事紹介

ロリコンの本質と毒性の怪説

「ロリコン」は、相手の年齢とその見た目の眩しさに対して盲目的な恋をする。 年齢に恋をする、相手がその年齢だから興味を持つ「ロリコン」には将来を約束する事など不可能。将来を約束出来ない人間を、信用出来る道理が無い。
酔舞如記事紹介

2000~2019ボクシング軽量級の世界を彩った名ボクサー達

「フィリピンの英雄」と称されるノニト・ドネアですが、フィリピンで全てが始まったバッキャオと違って、ドネアのボクシングの経歴は(移住先の)アメリカ合衆国で始まった。アマチュア時代には、シドニーオリンピックの米国代表予選でになる寸前まで行っている。
雑記色々

井上vsドネア

5階級を制したノニト・ドネアは、"(フィリピンの)英雄"の称号に相応しい最高のコンディションに仕上げてリングに上がった。ドネアをリスペクトして止まない井上尚弥もベストの状態で試合に臨んだ。ドネア36歳。そのドネアを目標にして上り詰めて来た井上26歳。
2019.11.10
雑記色々

公衆衛生の怪説

公衆衛生が大切な事を知っている人は多い筈だが、自ら積極的に清掃等に参加したりする人は少ない。が、汚染水や塵芥の処理がなされないまま居住区に放置されると伝染病が発生する。 人間社会はその事を古くから知っていた。トイレの位置を定め汚水を避けた。
先史時代記事紹介

人間の嘘には、タヌキもキツネも敵わない

タヌキとウマは似て非ざる?いや、全く似ても似つかない。タヌキは馬になるのか?タヌキは馬に化けますか(笑) 恐竜の名付け親オーウェンと進化論のダーウィン。どちらもタヌキ? 史実と云われるものにも、あてにはならない話がたくさんある。が、一番のタヌキは政治家?
タイトルとURLをコピーしました