雑記色々

王の誕生と日本の未来

ヒトとしての進化の中でも、居住空間の無駄を省くことに成功した事は重要な出来事だ。これに因り、限られた面積の中に多くの人が暮らせることを可能とした。狩猟・採集を生業とする移動性民族よりは、牧畜・農耕を生業とする定住性民族の方が圧倒的に人口を増大させて行ったというのはこれ以上の説明を必要とはしないでしょう。
2021.06.24
雑記色々

商人の通った道は、武器(軍事)の道になる

肌色の違い、髪色の違い、目の色の違い、言葉の違い、宗教・信仰・思想・思考の違い、服装の違い、食事の違い・・・etc。商人は、違いだらけの各地域を行ったり来たりして、物珍しい品を紹介し売買を成立させていく。軍事力に任せて知らない相手を破壊するしかない為政者とは正反対。早くから、商人という存在があったからこそ、人類は歴史を積み重ねることが出来た。それは間違いない。
2021.06.24
雑記色々

「型」の流儀

「型通り」の中にこそ、日本なりの自由があったのに、それを理解し切れないアメリカ合衆国その他の「自由のお仕着せ」を受け入れた結果、ろくでもなく無礼で「型」知らずの人間達ばかりになった。だから、世界を驚かすような型破りの人が少なくなってきた。いずれ、日本的な「型破り」な人は出なくなるのではないか?と思う。
2021.06.24
酔舞如記事紹介

国家は必ず病む

人間は病を患う。国家も、人間によって作られたのなら必ず病む。
2021.05.15
TOPICS

BLOG再開へ向けて・・・

2019年12月の投稿以来ちょっと色々あって長いゞ休眠期に入った当BLOGですが、現在、復活へ向けて記事見直し中です。 休眠した理由と今回の復活経緯を簡単に報告します。 先ずは、俺如きのBLOGから(LiveDoorで、これと...
酔舞如記事紹介

キス~接吻~

19世紀オーストリアの高名な劇作家フランツ・グリルパルツェルのキス名言。 尊敬のキス、友情のキス、厚情のキス、愛情のキス、憧憬のキス、懇願のキス、欲望のキス、・・・さてそのほかは、みな狂気の沙汰。 ・・・狂気の沙汰のキス。大好きです(笑)
近代史記事紹介

大航海とリオデジャネイロ

日系人の現状 "日系人"と呼ばれる人達は、2017年時点で世界に約380万人存在するものと推定されている。諸外国に比べて、自国(日本)以外に移住した人々の関連人数としては、約380万人はけっして多くはないでしょう。寧ろ、少ない数だ...
2021.06.20
酔舞如記事紹介

仮面舞踏会で始まり、仮面舞踏会で閉じた、デンマーク王妃の恋

デンマークは世界で最も幸福度が高く、そして世界で最も官能的な(刺激的な)国。 アダルトなお遊びと言えば「お医者さんごっこ」。ですが、"ごっこ"ではなく、本当の医者との性愛に溺れてしまったのが、クリスチャン7世妃のキャロライン・マティルダ。
中央ユーラシア史記事紹介

帝政ロシア成立史(1)~コサック探検家と国域拡大~

ロシア国家の始まりは、大ブルガリア(現在のブルガリアの前身)から、テュルク系ブルガール人の一部が集団離脱した頃(660年)を起源とするのが一般的な見方とされる。そうであるならば、ロシアもテュルク系遊牧民族後裔国家の一つと言える。
近代史記事紹介

ショーペンハウア母子の生き方とそれぞれの恋愛事情(4)~END~

母子の確執(3)・・・過信の戒め 突然他界した父ハインリヒの莫大な遺産を分与されたアルトゥル・ショーペンハウアーは、商売人への道と訣別した。が、代々の血を受け継いで商才はあったし、専門教育や就職先での経験等々により、既に、商魂は目覚...
2021.06.20
タイトルとURLをコピーしました