ラグビーの歴史と今

憂国論

資源を持たないフリをするしかない日本国・前編~人と石炭とラグビーの話~

ヒトというこの上ない資源を1億2千万人も持ちながら、その半分以下の人口しかない国々の民の裕福さの足元にも及ばない国である日本は、資源の有効活用手段を構築することが下手糞過ぎる。結局、フロンティア精神とか勇気のようなものが著しく欠落しているからだろう。
フットボール史

ラグビー(ユニオン)ワールドカップ2019日本大会~END~

俺たちは、今やラグビー・チーム以上の存在だ。全てのこと(習慣の違い、肌の違い、先祖の国の違い、宗教の違い、生きて来た生活環境の違い、何もかも・・・)に慣れないとこの瞬間には出会えなかった。南アフリカはきっと変わる。 俺たちも変わる。変わらないとならない。
フットボール史

日本のラグビー史に燦然と輝く偉業を成した・・・けど

どれだけ労いと賛辞の言葉を並べても、ブレイブ・ブロッサムズ=「勇敢な桜戦士」の誰一人として、"敗退して終わった"という悔しい気持ちからはけっして逃れられないと思うけど、でも、本当にありがとうございました。ただただ感動、そして感涙しかないです。
2019.10.22
フットボール史

ラグビーの歴史アレコレ(10)~最終回:日本ラグビー選手歴代ベスト20~

グレート草津が、当時の日本ラグビー界の星だったことを多くの人は知らない。広く知られる前にラグビー界を去ってプロレス界へ身を投じた。 第三回W杯。日本代表の黒歴史(メンバーを落としたニュージーランドに17対145)。そういう事を乗り越えて今がある。
2019.11.10
フットボール史

ラグビーの歴史アレコレ(9)~大牟田=≫八幡=≫福岡・・・~

福岡のラグビーをけん引したのは何と言っても八幡製鉄(現・新日鐵住金八幡製鉄所)。全国社会人ラグビー選手権に於いて(現在のトップリーグに相当)、1950年の第3回大会で初優勝して以降、1965年の第18回大会までに12回優勝(最長連続優勝4年含む)。
2019.11.10
フットボール史

ラグビーの歴史アレコレ(8)~日本ラグビーの歴史~

20世紀前半の日本ラグビー界は黄金期にあった。勿論、世界的に見ての強さがどうのこうのいう話では無いけど、国内に於けるラグビー部の数が急増。登録選手の数だけなら、スコットランド、ウェールズ、アイルランド、3ヶ国の登録選手数の合計よりも上回っていた。
2019.11.10
フットボール史

ラグビーの歴史アレコレ(7)~パプアニューギニアのラグビー~

パプア・ニューギニアは、世界的なフットボール大国。と言うより、 もう何度か書いてますが、 ラグビーリーグ(13人制ラグビー)の世界的強豪国です。 そして、オーストラリアン・フットボール(=オージーボール)では、本家のオーストラリアを凌駕する世界最強国?
2019.11.10
フットボール史

ラグビーの歴史アレコレ(6)~ラグビーと民族問題~

北アイルランド帰属問題、スコットランド独立問題など政治フィールドでは、「ノーサイド」の笛はいつまでも聴こえて来ない。が、アイルランド島とブリテン島の4ユニオン所属選手達は、「ライオンズ」に選出されることをこの上ない名誉としている。
2019.11.10
フットボール史

ラグビーの歴史アレコレ(5)~アマチュアリズムとプロ意識~

「金は要らない。誇りと名誉の為だ!」という南部イングランドの"エリート"ラグビーに対し、労働者階級のラグビーだった北部イングランドの不満は募る一方となる。週6日労働では土曜の試合に出場出来ない。不公平の上に成り立っていたのがアマチュア・ラグビーだった。
2019.11.10
フットボール史

ラグビーの歴史アレコレ(4)~ラグビーには15人制と13人制があり、その両方に7人制がある~「人数制ラグビー事情」

ラグビーリーグの世界的強豪国は、オーストラリア、イングランド、そしてニュージーランド。だが、ワールドカップ優勝回数で圧倒しているオーストラリアの強さが際立つ。 意外なのは、パプア・ニューギニア。パプア・ニューギニアの国技はラグビーリーグである。
2019.11.10
タイトルとURLをコピーしました