パルミラの女王ゼノビアと帝政ローマの戦い(3)~ゼノビアの大敗北とアンティオキア~

妖しいメロン

ゼノビアでさえ、過信する

ゼノビアは、稀に見る女君主だった。それは疑う余地はない。が、勝ち過ぎた事で、聡明且つ冷静で感情に流される事の無かったゼノビアは、自身と自国を過信した。つまり、パルミラこそがローマに代わる東方帝国、自分こそが東方皇帝という思いに向かい過ぎ、ローマを過小評価してしまった。「ローマにはもう何も頼る魅力がない。」という考えではなく、「ローマには無限の可能性があり、それを引き出す為に東方から協力する。」という姿勢があったなら、パルミラは本当にローマ世界の中心地となれた(やがて、ローマではなくパルミラと言う国家名称になったかも)。そしてゼノビアは、彼女の祖先とされるクレオパトラ(7世)の輝きを消して、全世界、全歴史に於ける、唯一無二の美皇帝として女性達の憧れの的で在り続け、男性達の理想の女性で在り続けた筈。でも、その可能性は呆気なく消えた。

所詮は、独裁帝国・・・

ガッリエヌス帝もその後を一瞬だけ受け継いだ息子サロニヌス帝も、そしてクラウディウス帝も、その弟であるクィンティッルス帝も、この4人のローマ皇帝は、ゼノビアがローマの協力者という立場であるなら、共治者として東方皇帝を名乗る事には同意する姿勢に在った。しかし、皆、帝位期間が短く、その協議に至らずに実現しなかった。また、ゼノビア自身、その4人のほぼ全員との戦争に勝利していて、自ら歩み寄る事が無かった。歩み寄るのは、相手からであるという強気姿勢を崩さなかった。それは、側近の哲学者カッシウス・ロンギヌスによる助言であったかもしれないが(ローマから最大限の譲歩を引き出す云々)、勝者が敗者を称える姿勢が多少でも見えたら、ローマ元老院の中にも、ゼノビアを受け入れる者が後を絶たなかっただろうけど・・・

ローマには、次々と代わりの指導者が現れる。我こそが皇帝に相応しいと考える人は、一時代に百人は下らない。ローマ元老院は、そういう人ばかりの政治の場であり、元老院にいなくても軍人の中にもそういう人達が大勢いた。だから、ガッリエヌスを容認せずに、「我こそは」と名乗りを上げた皇帝僭称者が20人にも及ぶ事態さえ招いた。しかし、政治の場(元老院)を持つローマは、帝政(君主政)ではあっても話し合いは受け入れる国家だった。対して、”ゼノビアの”パルミラは完全なる絶対君主政に近く、政治議論の場が見えて来ない(ローマに属州支配を受けていた期間が長いので、議会が無かったわけでもないでしょうけど)。ゼノビアの亡き夫であるオダエナトゥスも、オダエナトゥスの父も、ローマから指名された長官であったからこそ統治を許された。しかし、ゼノビアはそうではない。その権利を持っていなかった、ローマに正式承認されないままに、勝手に息子を国王即位させて自らも共同統治者となった。この時点で、ローマ帝国の政治ではなくなり、女王ゼノビアの意のままで運営される国家になった。尤も、ゼノビアが手順を踏んでローマに対して統治継承権を認めさせようとしても、ローマ元老院が、女性統治者を認めたかどうかは定かではない。が、息子が君主で、母が摂政という事なら認めたでしょう。でも、ゼノビアが望んだのは摂政政治ではなく、自らの直接統治であり、女王としてパルミラを大帝国に築き上げること。祖先と仰ぐクレオパトラが成せなかったことに挑戦した、という事です。単純に言ってしまえば、所詮は独裁国家。

但し、ゼノビアが長期統治を成して、しっかりした形で皇位継承が行われたら、本当にパルミラは第二のローマか、それ以上の国家を成していた可能性もある。もしもそうであるならば、今のような形のイスラム世界とキリスト世界の過激な対立は無かった可能性もあり、ちょっと惜しい。(※パルミラも当時のサーサーン朝ペルシアもイスラム教国家では無いので、イスラム教が台頭したかどうかも怪しいけれど、そこまでは言い切れない。)

三人の息子?

E・ギボンは、『ローマ帝国衰亡史』の中で、東方女王を名乗ったゼノビアは、「ローマ皇帝のもつ民衆的性格と、アジア的宮廷特有の威容盛儀とを併せ具え、あたかもかのキュロス王以来、ペルシア王たちが受けていたそのままの尊崇を、その臣下から要求していたのだ。そのくせ三人の息子にはラテン的教育を施し、しばしば帝位の象徴たる紫衣しえつけた姿で、彼等を軍の前に登場させた。」と書いている。ゼノビア自身が生んだ息子はだ一人の筈で、他に養子がいたのか?此処は少し分からない部分です。

ゼノビア敗北

もう一人の女傑

ローマ皇帝位に就いたアウレリアヌスが、ローマ軍団の多くを東方討伐親征軍に投入出来た理由の一つに、ガリア帝国の内部崩壊が挙げられる。
初回で触れましたが、ガリア人の軍人ボストゥムスがガリア帝国を建国したのが260年。そのまま皇帝を僭称したボストゥムスが268年まで統治していたものの、兵士の叛乱相次ぐようになり遂に殺害される。その後を継いだマルクス・ピアウォニウス・ウィクトリヌスはけっして愚鈍な者ではなかったが、大富豪出身者で何でも自由になると勘違いした。そして、配下の将軍(アッティティアヌス)の妻に手を出し、怒ったアッティティアヌスに殺された(271年)。すると、 ウィクトリヌスの生母ウィクトリアは、有り余る財力を背景にして有力将軍たちを賄賂で手懐け、実際上のガリア帝国の影の支配者となり(事実、女正帝アウグスタを自ら称した)、最も言いなりに出来そうなガイウス・ピウス・エスウィウス・テトリクスを息子の後継に指名してテトリクス1世を称させた。

この、ガリア帝国のウィクトリアとパルミラ王国のゼノビア。奇しくも、二人の女性がローマ本国にとって同時に敵と見えた事で、アウレリアヌス帝が女性蔑視とも受け取れる問題発言を繰り広げても、ローマ市民の多くがアウレリアヌス帝に賛同。この頃の女性達は、肩身が狭い思いを強いられたかもしれない。
アウレリアヌス帝は、それまでの同時対応方針を取らず、ガリア帝国を後回しにして、主力を東方へ差し向けた。たとえローマを空にしても、テトリクスなどすぐに葬り去れるという考えで、兎に角、それまでの誰も勝てなかったゼノビアとの決戦へ注力する。

アウレリアヌスの遠征

アウレリアヌス自らの親征は、アナトリア半島北西部のビテュニア属州の姿勢を一転させた。それまでのビテュニアは、ゼノビア人気が沸騰して脱ローマへ傾いたが、好い取引が成立したのか、ビテュニアはローマへの臣従を再誓する。ビテュニアを臣従させたローマ親征軍は、現在はトルコの首都である都市国家アンキュラ、現在のカッパドキア領域に含まれるテュアナ(ティアナ)などを陥落させて(けっして楽な戦いではなく、そこまでにローマ軍も相当傷ついた)、この時代では最も重要な都市の一つアンティオキアへ迫る。
アンティオキア市民の多くは親ゼノビアだったようで、ローマ軍の侵攻を止められない他都市の状況を知ったかなり早い段階で、アンティオキア市民は其処に踏み止まることをせずに蛻の殻状態となった。アンティオキアは略奪し放題状態だったが、アウレリアヌス帝はそれを許さず、そしてアンティオキアの全市民に対して恩赦令を発し、安全を保障して市への帰還を呼び掛けた。アンティオキアの政治家や軍人には、ゼノビアの”同盟者”と言える立場の者達が少なくなかったし、各自、アウレリアヌス以前の皇帝達と戦い辛酸を舐めさせた経歴を有していた。が、アウレリアヌスは、嘗てのローマの敵にも寛大さを見せ、”大赦”を与えた。こうなると人というのは現金なもの。身の安全が保障された途端に、アンティオキア市民の多くは反パルミラに転じて市中へ戻り、そして城門を閉じた。言い方によっては、「平和を願っての行動」だったかもしれないが、アンティオキアの姿勢が180度変わってしまった事に対してゼノビアが嘆き悲しんだだけなら、ゼノビアの名声は一挙に失墜していたに相違ないとギボンは述べている。ゼノビアは、アンティオキアの態度一変を責める事も詰る事もせず、城門を閉じさせたまま(つまり、援軍となることを要請せず)ローマ軍との一大決戦に挑んだ(272~273年:アンティオキア近郊イマエの会戦)。

アンティオキア決戦

アウレリアヌス率いるローマ軍と対峙したパルミラ軍の総司令官は女王ゼノビア。そして、彼女の傍には立派に成長した皇帝ウァバッラトゥスが布陣した。ゼノビアの婚姻は258年頃とされるので、成長したとは言え、この会戦当時のウァバッラトゥスの年齢は14~5歳か。但し、ウァバッラトゥスは早婚で既に子(=オデナトゥス)を生していた・・・という説がある。オデナトゥスはどうやら実在の人で、ゼノビアとの血縁関係も認められているみたいだが(オデナトゥス以降の血流は、結構長く続いた)、ウァバッラトゥスの実子説については疑問が残る。

さて、パルミラ軍とローマ軍の死闘です。
陣頭に立つ女王ゼノビアが士気を鼓舞するパルミラの大軍は、大部分が軽弓射歩兵と完全装甲の重騎兵から成っていた。ゼノビアの命令を実施するのはゼノビア麾下の将軍ザブダス(=エジプト攻略戦で多大な功績を挙げたとされる)。殆ど全ての戦闘は、ザブタスの手腕に委ねられたとギボンは書いています。パルミラ軍の猛烈な突進の前には、ムーア人、イリリクム人から成るさしもの皇帝軍騎兵隊も殆どこれを支えかね、緒戦はローマ軍の敗走だった。が、ここでゼノビアは痛恨の指揮ミスを犯し、敗走したローマ軍をこれまでの彼らと同様と甘く見て追撃命令を下した。

ユーラシア・ステップの騎馬民族国家の軍隊ならば軽弓射”歩兵”ではなく、軽弓騎兵で逃げるローマ軍を面白いように背後から狙い射たでしょうけど、パルミラには重騎兵軍はあったが、馬上から弓を射る部隊はどうやら有していなかった。必死の追撃を試みたが、ローマの方が速かった。そして、まともに正面からでは勝てないと判断したローマ軍は、プライドも何も捨て何でもありのゲリラ戦に転じた。重装備で駆けた人馬は疲れ、歩兵も疲れたパルミラ側は、大軍故にローマ軍のまさかのゲリラ戦法に混乱した。形勢は逆転し、ギボン曰く「(ローマ軍は)行動の敏速を欠いたパルミラ軍騎兵団 を粉砕し去った。弓射部隊も矢種を射尽くし てしまい、あとはもう丸裸の近接戦に持ち込まれ、逆に、軽装の彼らはローマ軍の槍の餌食となってしまった。

アンティオキア近郊イマエの会戦は決した。ゼノビアは初めて敗北を喫し(しかも、大敗北)、気持ちの切り替えが出来ないまま、次の、ローマ側の属州首都エメサでの決戦(エメサの会戦)を迎える事になる。しかし、親ゼノビア派の都市国家達は、ゼノビアの敗戦と動かなかったアンティオキア市の対応に倣い、パルミラに対する新たな援軍は現れなかったと言われる。

アンティオキア決戦以前に届いた降伏勧告を一笑に付したゼノビアは、女王のプライドをかけて戦う以外に道は無かった。

・・・という事で、最後の戦いを書いてしまいたいのですが、ゼノビアの人生はパルミラと共に終焉を迎えるわけではない。そして、アウレリアヌスとの”戦い”は、連行されるローマへと持ち越される。前・中・後の三編で書き終えると思ったのだけど、次回、「その後のゼノビア」としてもう1~2回書きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました