ユヴァル・ノア・ハラリ/サピエンス全史

史書その他、書評

歴史とは何か?と問われたら・・・
「これだ!」というピッタリの説明文が『サピエンス全史(上巻)』(著者=ユヴァル・ノア・ハラリ氏:1976年2月24日生)(日本語訳文=柴田裕之さん)に書かれている。

===以下、『サピエンス全史』より引用===
今からおよそ135億年前、いわゆる「ビッグバン」によって、物質エネルギー時間空間が誕生した。私たちの宇宙の根本を成すこれらの要素の物語を「物理学」という。
物質とエネルギーは、この世に現れてから30万年ほど後に融合し始め、原子と呼ばれる複雑な構造体を成し、やがてその原子が融合して分子ができた。原子と分子とそれらの相互作用の物語を「化学」という。
およそ38億年前、地球と呼ばれる惑星の上で特定の分子が結合し、格別大きく入り組んだ構造体、すなわち有機体(生物)を形作った。有機体の物語を「生物学」という。
そしておよそ7万年前、ホモ・サピエンスという種に属する生き物が、なおさら精巧な構造体、すなわち文化を形成し始めた。そうした人間文化のその後の発展を「歴史」という。
===以上、引用終わり===

これ以上の、物理と化学と生物と、そして人類の歴史を説明する文章を私が書ける筈もなく、雑誌やインターネットサイトに数多く引用掲載されているこの名文を、当SITEでも掲載させて頂きます。 『サピエンス全史』の日本での初版は2016年9月。既に、多くの人に目を通され、近著『ホモ・デウス:テクノロジーとサピエンスの未来』も人気書になっていますが、敢えて、『サピエンス全史』を取り上げて、書評の真似事・・・と言うより、この書に基づくサピエンスの歴史評価を行います。

ハラリ氏曰く、ホモ・サピエンスは・・・
約7万年前に、認知革命を起こして歴史を始動させた。
約1万2千年前、農業革命によって歴史の流れを加速させた。
今から僅か500年前、科学革命が始まりそれは今も進行中で(ホモ・サピエンスの)歴史を終わらせる可能性を秘めている。

地球や宇宙の物語(成立から現在までの時間)は、(人類の)歴史などで括れない(語れない)。それらは地球科学や宇宙工学、天文学などで解明・解析するもの。人間の歴史物語と、壮大な地球・宇宙・無の世界の物語は別ものだ。なるほど、分かってそうで実は分かっていなかったのかもしれない。「地球の歴史」とか「宇宙の歴史」なんていう間違った言葉を幾度となく用いていた。大いに反省しよう。

ホモ・サピエンス(ホモ・サピエンス・イダルトゥ/ホモ・サピエンス・サピエンス)、ホモ・ネアンデルターレンシス、ホモ・エレクトゥス等々、見慣れた”人たち”が登場する『サピエンス全史』ですが、登場の仕方が、私の知らない扉から出て来て、知らない扉の中へ消えて行く。そして、知らない名札の人類も出て来ては消える・・・参った・・・面白過ぎる。学問は進化する。歴史研究が進めば進むだけ古代の真相へ近づいていく。つまり、未来は古代の扉でもある。
狩猟採集民は豊かな暮らしだった」という説がある。そのことにはハラリ氏も触れている。歴史を好きな人たちは、自分が学び得た知識を覆されることを嫌うけど、考古学的に、そして科学的に解明された新説は受け入れざるを得ない。

(ホモ・サピエンスの)歴史が消えることがないように、何処かの時点で、私たちは歩き方(考え方)を大きく変化させないとならなくなる。未来永劫、歴史を刻み続けることを望むならば、人類は、過去を正しく知らなければならない。『サピエンス全史』は、その事を気付かせる書物である。優れたビジネス書でもあるので(ビジネス書大賞も得ているので)、まだ読んでいない人は、是非、読んだ方が良いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました