パルミラの女王ゼノビアと帝政ローマの戦い(1)~パルミラ王国と美麗女王ゼノビア~

妖しいメロン

ローマ帝国衰亡史に於ける女王紹介文

「多少の疑問はあるにしても、かの古代女王セミラミス(=紀元前800年頃のアッシリア帝国の伝説上の女王)の功業を別にすれば、おそらく、アジアの風土風習が女のさがとして与える隷従怠惰の悪癖を見事に打破してのけた、ほとんど唯一の女傑だったのではなかろうか。彼女自身、祖先はマケドニア系エジプト王家と称していたし、事実その美貌はかのクレオパトラ(7世)にもおさおさ劣らず、貞節と勇気でははるかに上だった。最大の女傑というばかりでなく、最高の美女としてもその名は高い。」と、 まるで恋焦がれた女性を褒め千切るかの如く、自身の名著『ローマ帝国衰亡史』にエドワード・ギボンは書いている。更に続く・・・

「肌は浅黒く(つまり、 雄褐色の肌)、歯並は真珠のように白かったという。漆黒の大きな瞳は、ただならぬ光を帯びて輝きながら、しかも、なんともいえぬ優しい魅力をたたえていた。声は力強く、しかも実に音楽的だった(つまり、気品と力強さと心へ響かせる声)。もともと男勝りの知力の上に、それがまた学問愛によって磨かれ、いっそうの逞しさを加えていた。・・・」

E・ギボンによる称賛の言葉はまだまだ続くけれど、取り敢えず、以上の言葉は、誰を称してのものかと言えば、三世紀、ローマ帝国に対して敢然と反旗を翻したパルミラ王国の女王ユリア・アウレリア・ゼノビア

「もちろんラテン語もできたが、劣らずギリシア語、シリア語、エジプト語なども完全に通じていた(彼女自身の母国語はアラビア語)。」という語学堪能、軍政理解力と学識を持ち、且つ、女性の中では最も愛らしく、最も英傑にして勇敢。彼女は、オリエント世界の歴史上、誰よりも気高く誰よりも美しい女王である。(ゼノビアを称する言葉は、『ローマ帝国衰亡史』の第二巻より引用したものです)。

パルミラの歴史

現在のパルミラは、砂漠に国シリアの中央部ホムス県タドモルに位置しているローマ帝国に支配された都市遺跡としてユネスコに世界遺産登録を受けている。シリアを代表する遺跡だが、嘗ての輝きは失われた。でも、”嘗ての輝き”の期間はとても長い。

パルミラが初めて歴史に登場するのは紀元前7万5千年頃。旧石器時代の石器が見つかり、此処に人々の暮らしがあったとされる。都市名で登場する最初は紀元前2千年代。当時のシュメール人国家の代表的な一つマリの遺跡の中から発掘された粘土板に、パルミラ(シュメール語でTadmor、Tadmur等)と思しき都市名が刻まれている。(↓参照古代シュメール当時の地図)

シュメール当時の都市国家群。マリ(Mari)から西へ平行に向かうとパルミラ(Tardor)

アラム語では現在のアラビア語同様にタドモルと呼ばれていたパルミラは、ナツメヤシの産地として知られたオアシス都市。やがて、マケドニアの拡大に遇いセレコウス朝の支配を受けたシリアだが、パルミラはシリアの中では数少ない自治を認められ独立国家だった。その後はローマの侵攻を受け、それでも長く独立を維持していたものの帝政ローマが第二代皇帝ティベリウスの時代(14年~37年)から、ローマ属州シリアの一部として支配される。しかし、パルミラの都市的魅力に魅了されたローマの歴代提督や将軍達はパルミラを重んじ、同じようにローマに駆逐されたナバテア王国の通商権を与えられるなどパルミラは繁栄を続けた。そして遂に、第14代皇帝ハドリアヌスはパルミラを自由都市として独立させた(129年。パルミラ・ハドリアナに改名する事を条件に)。

3世紀に入るとサーサーン朝(ペルシア)が拡大。その勢いにシリアは圧迫されるが、パルミラはローマ側の重要な拠点都市としてサーサーン朝と対峙するようになった。しかし、アケメネス朝時代の栄光再来を掲げるサーサーン朝はローマ軍を翻弄。259年のエデッサの戦いで、ローマ皇帝プブリウス・リキニウス・ウァレリアヌスは、サーサーン朝の皇帝シャープ―ル1世との直接対決で大敗北し捕らえられ、その最期には諸説あるが奴隷化されたか、処刑された。

皇帝自身が敵国に捕らえられ”消される”という前代未聞の失態を招いたローマは、次期皇帝位を巡り大混乱する。が、有力継承者の一人だったウァレリアヌスの嫡男で、その時点では共同皇帝(西方皇帝)だったプブリウス・リキニウス・エグナティウス・ガッリエヌスが単独皇帝として強行即位する。しかし、敵に捕まるという大失態を犯した皇帝の息子(=ガッリエヌス)に対する誹謗中傷は渦を巻き、新皇帝を認めずに対抗して皇帝を僭称した将軍達が20人にも達する異常事態となる。

特に、ガリア人の叩き上げ軍人マルクス・カッシアニウス・ラティニウス・ボストゥムスは、ガリア帝国建国を宣言し、ガリア・ヒスパニア・ゲルマニア・ブリタンニアを手中に収めるなどローマは大きく割れた。
これを鎮圧するべくローマを発ったガッリエヌスですが、その隙を突いて、東方属州で、当時の実力者フルウィウス・マクリアヌス(大マクリアヌス)と長男のタイタス・フルヴィウス・イウニウス・マクリアヌス(小マクリアヌス)、親衛隊長官バッリスタが蜂起する。この蜂起軍がローマ占領へ向かう動きを見せた。更に、マクリアヌスの次男ティトゥス・フルウィウス・ユニウス・クィエトゥスも軍を挙げた(この4人は、何れも皇帝僭称者)。
取り敢えずガッリエヌスは、評判は悪かったが軍人としては優れていたマニウス・アシリウス・アウレオルスにローマ防衛を委ねる。アウレオルスは、バルカン半島へ進軍して来たマクリアヌス父子(大マクリアヌスと小マクリアヌス)と対戦し父子を戦死させたが、アウレオルスも、皇帝僭称者の一人となる。

女王の家族

このような異常な状況で弱り果てていたガッリエヌスを救ったのがパルミラの有力者セプティミウス・オダエナトゥス。元々パルミラの長官を父に持つオダエナトゥスは親ローマ派で、且つ、 ウァレリアヌス帝を敬っていた。私兵のみでサーサーン朝に二度も攻め入り、 ウァレリアヌス帝の復讐戦を行った事でも勇名を馳せていた。私兵と言っても、サーサーン朝相手に一歩も引かなかったオダエナトゥス軍は強く、攻撃を受けたクィエトゥス軍は壊滅。敗北したクィエトゥスは捕らえられ処刑されたが、その処刑で直接手を下したのは、最終的に裏切ったバッリスタとも云われている。しかし、自らも皇帝僭称したバッリスタは、オダエナトゥスに攻撃され敗死する(261年)。オダエナトゥスの名声は大きく轟くことになった。
この出来事の約3年前、258年頃に、オダエナトゥスは、アラビアのベニサマヤド族の族長ザッバイの娘で、絶世の美女と謳われていたセブティミア・ザッバイ(=通称ゼノビア)と再婚。若くして最初の妻を亡くしていたオダエナトゥスにはセプティミウス・ヘロディアヌスという後継ぎがあった。当時、ヘロディアヌスには側室もあったと云われるので、父であるオダエナトゥスの年齢は40歳代~50歳代と思われる。

ゼノビアの父ザッバイは、アラビアの有力部族の族長ながら、祖父は2世紀後半にローマ市民権を得ており、恐らく、ザッバイの一族は古代からシリアの祭祀を司った氏族出身者だと推察出来る。ザッバイの近縁者には、セウェルス朝の始祖であるローマ皇帝セプティミウス・セウェルスの皇后となったユリア・ドムナ(皇帝カラカラの生母)がいる。
ゼノビアは、容姿端麗であるばかりでなく古代エジプト文化に精通し、自身は、クレオパトラ(7世)の末裔と称して、クレオパトラを篤く敬っていた。当時の高名な哲学者であるカッシウス・ロンギヌスなどは、後に、自らの意思でゼノビアの側近となり、ゼノビアが著したホメロスとプラトンの比較書や歴史書の手解きを行ったと云われる。

ゼノビアは、美貌や学問だけでなく、優れた軍事指導者でもあった。夫となったオダエナトゥスの陣には、常に、軍装を纏った女武将ゼノビアの姿があり、語学堪能で外国文化に精通している彼女は大変優秀な軍師でもあった。ゼノビアの絵には、軍装を纏う美将として描かれるものが少なくない。後に、パルミラ王国の国王となるルキウス・ユリウス・アウレリウス・セプティミウス・ウァバッラトゥス・アテノドルスを出産した正式な年月は分かっていないが、ゼノビアの子は、 ウァバッラトゥス一人のみとされる。

オダエナトゥスは、皇帝ガッリエヌスにとって唯一信じられる存在となり、東方属州の防衛を一任される存在となった。パルミラは、完全な独立国家ではなかったものの、オダエナトゥスは、実質国王的立場になっていた。
ガッリエヌスにとって最大脅威であるガリア帝国との戦いを側面支援する為に、267年、オダエナトゥスはゴート族討伐軍を挙げる。その遠征前の宴で、オダエナトゥスと長男ヘロディアヌスが暗殺されるという大事件が起きた。後世では、これを、王位簒奪を謀ったゼノビアが画策した事だという説も出たが、真相は闇の中。取り敢えず、この犯行を起こしたのは、オダエナトゥスの甥であるマエオニウスであることは間違いない。日頃から態度が粗暴なマエオニウスは、オダエナトゥスの命じにより収監・監禁されるなどして、その恨みによる報復だと見られる(『ローマ帝国衰亡史』のE・ギボンの説)。

女王ゼノビアの時代へ

夫の死後、ゼノビアはウァバッラトゥスが後継者であることを宣言し、自身が共同統治者としてパルミラに君臨する事になった。既に、市民の多くから高い支持を受けていたゼノビアは、難なく事態を収拾して、皇帝ガッリエヌスも、引き続きゼノビア率いるパルミラとの共同歩調を望んだ。ところがその翌年(268年)に、ガッリエヌスが暗殺される。

側近(顧問)として迎え入れた哲学者カッシウス・ロンギヌスのアドバイスだったのか、パルミラの完全独立国家化を目指したゼノビアは、当時のローマ属州だったアラビア・ペトラエア(旧ナバテア王国=現在のヨルダンとシリア南部)の州都ボスラ(現在はユネスコ世界遺産都市)へ進軍し征服した。 親ローマと信じ切っていたパルミラの女王が、属州アラビアを占領した事にローマは大きな衝撃を受けた。が、元々旧ナバテアの通商権はパルミラに与えられていたので、ゼノビアの行動を軍事行動と見るか、単なる視察団的な行動と見るか、ローマは計り兼ねていた。

(後編へ続く)

コメント

タイトルとURLをコピーしました