人妻美

妖しいメロン

ニンフェットの未成熟の美に対し、成熟の美こそ人妻の魅力

AV出演する妻達

アダルトビデオ(以下、AV)作品には、人妻を題材にしたものが少なくない。少なくないと言うより、本物の人妻がAV女優というケースも多く、人妻ものこそが主流と言える。
自分の妻をAV出演させている夫、その事を知らない夫、AV女優と知って結婚した夫・・・世の中には色んな夫がいて、色んな夫婦の形があるけど、妻は夫の所有物ではないとは言うものの、自分なら耐え切れないと思う。
いや、どうなんだろう?
「自分なら(妻がAV出演していたら)耐え切れない」なんて簡単に言う男が、AV出演して魅せてくれる他人の妻の姿に興奮出来るという時点で実に嘘っぽい。もしも自分に妻がいてAV出演していたとして、AV男優に”扱われている”妖艶な姿態を見せつけられたら、同様に興奮するんじゃないだろうか?

現実的には妻を娶った経験が無いのでね、実際には何も分からないが、どうなんだろうね。

妻として娶る女性が男性経験を持たなかった(=処女)というケースは少ないと思う。長い歴史に於いて、処女としか結婚しない、処女じゃないと結婚出来ない、という時代や地域は確かにあったろうけど、割合的には低い筈。何故なら、性に強い興味を持つ少年・少女時代に”付き合った”相手と性行為に至るケースの方が多い筈だから。更に、少年・少女時代に出会った最初の相手と結婚に至るケースは極少だろうから、結婚相手が初めての相手というのが稀有。

ということは、自分の妻となった女性は、自分との性行為で見せてくれるような姿態を、自分とは別の男に対しても見せていたわけだ。自分との行為では見せてくれないような事もしていたかもしれないわけで、その事を想像しない夫はいるのだろうか?
性行為に於ける妻の姿を物凄く好きな夫がいたとしたら、妻が魅せてくれる姿態をもっと色んな角度から見たい、自分が知らない妻の姿を見たい・・・という逆背徳感を抱く夫がいたとしても何ら不思議じゃない。だからこそAVの”ストーリーもの”には、妻の浮気や、夫が望んで寝取らせるなど、背徳感満載の作品が多々ある。

背徳

でも、実際に道徳に背く事を行えば何らかの罰が下る。バレずとも、秘密を押し通さないとならないという重圧を背負う。秘密だから余計にのめり込むのだろうけど、人々が背徳行為に陥るのも、これも太古の昔から逃れられずに来た性(サガ)である。許されない事をしてしまっている、「秘密」を持っている、だからこそ魅力を増す・・・性(サガ)だねェ。

人妻に対して確実に言えるのは、彼女達の衣服の下には、性行為を積み重ねた魅力的な肢体が隠れているってこと。AV女優が魅せてくれるような行為、いやそれ以上のことを(男達に対して)許して来たであろうこと。しかし、そのような想像が先に来ては、体目的で人妻を見ている最低の下種と蔑まれても反論出来ない。然りながら、「道徳」に背き人妻に恋してしまえば、愛を隠せなくなったら、次に思うのは、綺麗ごとを抜きにして「彼女達との性」である。下種な男と蔑まれても妄想には鍵を掛けられないし果ても無い。

最後に余計なこと・・・

人妻AV女優ってのも罪深いけど、AVとは言え、女優を少女に見立てて作品作りすることを許しているっておかしくないか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました