民主主義という言葉の可笑しさと野党共闘は愚の骨頂という話

憂国論

日本の政界構図は、自民党vs共産主義(社会主義)だけで良い

国会に於いて、政府側与党以外の全てを一緒くたにして「野党」と呼ぶ。この野党だが、国家観がまるで違う政党同士のくせして、「野党共闘!」を口にするなどチャンチャラ可笑しいお馬鹿ぶりを発揮している。
しかし、チャンチャラ可笑しいことを平然とやりこなしているのが与党第一党の自民党である。
自民党員(議員含む)や自民党支持者達は、「自民党は、右から左、上から下まで全て揃っている」(※極右じゃなく「右」、極左じゃなく「左」)と公言して憚らない。
民主政治と言うより大衆迎合型の衆愚政治。方向を定めず、その場その時で様々に対応する、良く言えば柔軟性を持っている、悪く言えば優柔不断とか朝令暮改。しかも、極めて魑魅魍魎。それが自民党である。

戦後の日本国民は、右だか左だかよく分からない、そして私利私欲の為に(政治的)立場を利用する事さえ平気でやってのける自民党に対して、生活権の殆ど全てを託して来た。社会保障制度、安全保障、刑罰、教育方針、経済産業指針・・・。ボーっとしていて、「誰が政治をやっても一緒」という盆暗ぶりを発揮する日本人は、自分達の生き方や未来に待つ老後生活(老後保障)が、政治の向かう方向に自然と流されている事すら分かっていない。

兎に角、自民党には色んな考え方の人たちが集まっている。にも関わらず、(自民党は)「一枚岩」とも言われる。どうして「一枚岩」になれるのか? その答えは、「改憲(を目指す政党)」という合言葉に集っているからだ。ところが、色んな考え方を持っている人たちなので、「改憲」の目的もバラバラである。そして、「改憲させない為に自民党員になった=議員になった」という言葉を発する護憲派までいる。

何に対して一枚岩でいられるのか良く分からないが、結局、「自民党」という旗の下に集えば何らかの旨味(つまり、魑魅魍魎だ)を味わえるから自民党に居続ける。というのが自民党員と自民党議員なのだ。

右から左まで、上(金持ち)から下(貧乏人)まで、幅の広さがウリなのだから、今、何チャラ民主党とかに属する人たちも、皆、自民党員になっちゃえば?と思う。

共産主義以外認めない政党と、社会主義以外認めない政党と、他宗を認めない宗教政党。それらに当て嵌まらない人たちは、皆、自民党でいい。それでいいんじゃないか?

社会主義者でもない、共産主義者でもない、宗教的活動はしない、という人たちは、どうして自民党ではダメなのか?それを逆に知りたい。全部の層(右から左、上から下)をカバーしていると豪語する自民党を、確かに大勢の人たちが支持している。それなのに、何チャラ民主党とか、維新とか、その他、少数政党に固執しなければならない理由が分からない。いや、理由は分かる。自民党に入りたいけど、地域事情などで立候補が厳しいから、何チャラ民主党とか、維新とかに入党したのでしょう。

早い話、プロ野球は好きだけど、巨人(のやり方)は嫌いだ!と言っていた昔のアンチ巨人ファンのようなのが野党ってことじゃないのか?強過ぎるから嫌いってこともあるでしょう。強過ぎる=強権ということでしょうけど、だったらやっぱり全員自民党に入ったらいいじゃないか?そしたら、個人の能力差で勝ち負けがハッキリする。
右だろうが、ど真ん中だろうが、左だろうが、金持ちだろうが、普通だろうが、貧乏人だろうが、やりたい政治が支持されたものが勝ち。当選するかしないか、政党に左右されずにスッキリする。

・・・と言いたくなる程、野党ってのはだらしない。
野党と言えども政治観を持った人たちの筈なので、意見の合わない他の野党と共闘なんて出来ない筈なのだ。だったらハッキリとそう言えばいいのに、ほんと、喉の奥に何か挟まってるような歯切れの悪い”だらしのない”奴らばかりがいる。自分たちが詰まらないから、与党を詰め切れるわけがない。

自民党だってこれと言った凄い政策を持っているわけじゃないんだから、思い切って、物凄い政策を打ち出したらいいのに。本気のベーシック・インカムとか、消費税30%の超福祉国家とか。
ミニ自民党のようなクソ政党は要らないから、もっと物凄い個性ある政策を出せ。それ出来なければ本当に自民党員になって、自民党内で立候補争いをすればいい。自民党内では支持を得られない?なんていう人に、日本国民全体の支持が集められるわけがない。

「民主主義」という言葉は最悪である

さて、本日はそういう話題ではなく、「民主主義」という言葉の不思議がテーマ。
昨日、元上司様と楽しくお酒を飲んだのですが、「民主主義という言葉は日本発(つまり、他国ではそういう主義は無い)」という話を聞いた。

「民主主義」というのは確かにおかしい。全く別ものの政治体制の国家同士が、異口同音で「民主主義に基づく国家」を標榜する事を納得出来ずにいたけれど。「そうか!」民主主義などと言うバカな言葉は、政治とか思想とか国体(国家体制)とかに無頓着な日本独自のものだったのか。今までモヤモヤしてたものがスッキリしました。

北朝鮮も日本も「民主主義国家」である・・・バカな話

例えば、北朝鮮(North Korea)と呼ばれる国がある。この国を、日本風に漢字で書けば「朝鮮民主主義人民共和国」である。日本の政治家が日々何度も自国(日本)を指す「民主主義」という国家政治体系をそのまま国家名称にしているのが北朝鮮だ。そして、日本の政治家も殆どの日本国民も、北朝鮮の政治を「分からない」と言う。同じ「民主主義国家」を標榜する同士が分からない、理解し合えないという事である。
北朝鮮を、英語表記すると「Democratic People’s Republic of Korea」だ。
Democraticに対して、どうしても”民主”という漢字を当て嵌めたい場合は「民主制」(”民主政”も許容範囲かもしれない)。つまり、主義上ではなく制度上の”民主”だ。早い話、「民権」だ。政治の権利者が民である民主制=Democraticなのであって、政治の主義がどうのこうのという話では無い。
北朝鮮人の権利に基づく国家が北朝鮮で、日本人の権利に基づく国家が日本。北朝鮮人と日本人では考え方(主義)が全く違う。北朝鮮のDemocraticと日本のDemocraticには、違いがあって当たり前なのだ。スッキリした。

政治家と政治評論家とマスコミの大罪

ついでに言うと、日本の政治家や政治評論家やマスコミ関係者等々で、「我が国は民主主義に基づいて・・・」などと国民をミスリードしている嘘吐きは「最も信用ならない者達」である。
「主義」はPrincipleという単語であり、民主主義なんていう言葉を世界を相手にどうしても用いたければ、Democratic Principle(或いは、Democracy Principle)だけど、日本と北朝鮮のDemocraticが異なるように、世界2百数十ヵ国・地域全てに共通するDemocraticは有り得ない。にも関わらず、日本の報道や政治家は、然も、「民主主義(の考え方で)我々は一致している」などと言う。
正解は、「各国のDemocraticを尊重し、不一致する事柄があることを認め合うことで一致」とするべきで、つまり、国家間の百%の合意などは有り得ない。日本の政治・報道は、国民を尽く馬鹿にして騙している。

今まで、こういう単純明快な答えを全く無視していた自分自身も相当なボケナスだったが、今後は、民主主義という言葉は極力避けよう。必要な場合は、使い方が正しいかどうか十分に気をつけよう。じゃないと、歴史を怪説する者として説得力を持てない(笑)今まで、恥晒してきたな・・・反省しよう。

民権

でも、どうして日本はDemocraticを「民主主義」と誤訳したのかな?少なくとも、1945年までの日本はそのような愚かな誤訳はしていなかった。
自由民権運動も大正デモクラシーも、民主主義を訴えたのではなく、民の権利を訴えたものだった。やっぱり、敗戦国民という負い目が妙な日本語を生み出して、他国に対する大いなる遠慮が生まれたのだろう。「日本人はあなた方と同じです」という事を殊更アピールして必死で平和を求めた。それが「民主主義政治」なんていうアホな言葉を生み出して、それを不思議に思わない「政治に無関心な」国民を生み続けた。
これからは、民権とだけ言うべきだ。

立憲君主制こそ守るべき政治

ところで、不肖私は、個人的には民主政を百%支持しているわけでない。以前からずっと言っているように「立憲君主制及び民主議会制併用国家」を主張している。現在、天皇陛下は憲法に基づき日本国民を象徴するお立場=象徴天皇であらせられる。が、超緊急事態に於ける国家の一大事の最終決裁者は、正に、国民の象徴である陛下であって欲しいと願う。
国会の議決は、ほぼ、与党や首相個人の思惑に傾く。が、「それで本当に良いのか」という判断はやっぱり必要で、だから覆す手段として世論調査や選挙がある。でも国民の総意を求める時間がない超緊急事態では国民は正否を言えない。だからこそ、立憲君主制は維持されるべきだと考える。本当にいざという状況が迫った場合には、最もご見識を有される陛下の正しいご裁断が必要となる。と思っています。終わり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました