『恋愛論』と、ベートーヴェンのラブレター

偉人達の恋愛模様

恋愛の神様の『恋愛論』

恋愛には、「情熱の恋愛」「趣味の恋愛」「肉体の恋愛」「虚栄の恋愛」の4種類があり、また感嘆、自問、希望、恋の発生、第一の結晶作用、疑惑、第二の結晶作用という七つの過程を辿る。

というような恋愛解説書『恋愛論』(1822年刊行)を執筆したことで当時のフランス女性達から”恋愛の神様“と呼ばれ、”フランス近代小説の祖”とも称されるスタンダール(本名マリ=アンリ・ベール:1783年1月生~1842年3月没)。
因みに、結晶作用とは、恋愛感情の芽生えによりその対象者を美化してしまう心の現象の比喩的表現。第一の結晶作用は「嫌い」或いは「嫌いになろう」とする感情の揺れ動き期である。と解説する人もいるなど、スタンダール理論の研究者は現代にも少なくないらしい。

『恋愛論』を説くような人とはとても見えない風貌の”神様”ですが、ヒトは見掛けで恋する権利を得るわけで無し、また、(相手の)見掛けのみで恋するわけでもなし、誰にだって恋することが出来る。そのことをスタンダールは『恋愛論』で次のように書いている。(参照=>)「男は、女の心がわからないうちは、顔のことなぞ考える暇はない。」 そして、こうも書いている(参照=>)「恋が生まれるまでは、美貌が看板として必要である。」つまり・・・
男は、自分の見てくれなど気にせずに堂々と恋するべきで、その為に、世の女性達は化粧をするのだから。そして、化粧では隠せない相手女性の本質を垣間見れた時に、尚一層深く惹かれたなら、それは静かな、そして確かな愛情を伴う。スタンダールは、きっと、そういう恋愛を(短い生涯の間に)いくつも経験したのでしょう。たった40年も生きる事が出来なかったスタンダールですが、現在57歳の男がちょっと嬉しくなるような言葉を遺してくれている。(参照=>)「精神のいちばん美しい特権の一つは、老いて尚、尊敬されることである。」・・・年齢的に老いたにせよ、心まで老け込んだら勿体ない。生涯、恋愛可能な状態を保てていることが大事。幾つもの引き出しを持ちミステリアスな存在で在り続け、けっして飽きさせない。自分自身も自分に対して飽きないでいられること。そうしたら、恋する相手は生涯現れ続ける・・・かもしれない。花は、命がある限り咲く。ヒトも、命が続いている限りは、「恋愛」という人生の花を咲かす事は可能。人生に於いて、「恋愛」に代わる花はない。ということをスタンダールは主張した。亡くなって180年近く経って尚、彼の言葉は世の女性達と男性達を手引いてくれている。流石は”恋愛の神様”だね。

スタンダール及び『恋愛論』等については何度も触れてみたいけど、今回の主役は別人。

天才楽師の最期の謎

スタンダールというペンネームは、ドイツ北東部・首都ベルリンから西へ約40キロ程の位置にあるシュテンダルという都市名に由来するという事なのですが、スタンダールとシュテンダル市との関わりは分かりません。が、スタンダールと同時期に、シュテンダルからは3百数十キロ西へ離れたボンで生まれて、ドイツ音楽界最高の天才作曲家の一人と謳われた人が今回の主役。察しの良い人にはもう分かってしまったでしょうけど、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770年生~1827年没)に纏わる逸話です。

ベートーヴェンが病に伏せり、そして死期が迫った時、そのことは世界中の多くのファンに知れ渡っていました。誰もが奇跡の回復を願うもそれは叶わず、ベートーヴェンは天に召されます。(今の私と同じ年齢・・・早いね)。
稀代の天才楽師の葬儀には、当時としては異例の2万人もの参列者があったという事です。

ベートーヴェンは、毒殺されたわけでも、情婦に刺されたわけでもなく、前年に患った肺炎の思わぬ悪貨が肝硬変を招き、そして死に至った。その死因に疑うものが何も無い、単なる「病死」で済まされる筈でした。ところが・・・
ベートーヴェンの死はミステリー化され、米英合作で映画化されるまでとなった(1994年公開作:『不滅の恋』)。

ベートーヴェンの死がミステリー化される要因となったのが、天才楽師の遺書「自分の楽譜、財産の全てを”不滅の恋人”に捧ぐ」の言葉です。

ミステリーですが、殺人とかではなく、ベートーヴェンの”不滅の恋人”は誰?という謎の究明です。ベートーヴェン(生涯独身)の秘書、アントン・シンドラーが、”不滅の恋人”を探し求め、オーストリアやハンガリーを旅する、という内容。
そして、この映画を観た観客達の多くがシンドラーのようになって、全ヨーロッパがベートーヴェンの恋人探しで盛り上がった(今でも継続している人はいるでしょう)。

病死で間違いないのですが、そもそも、肺炎になったり、全聾になったりしたのは鉛中毒になった(させられた)事が要因と実しやかに囁かれる。近年行われたDNA鑑定では、通常の100倍近い鉛反応が出て、ベートーヴェンの死因(病因)が議論される元ともなりました。

ヨーロッパで鉛中毒で有名なのは、ローマ皇帝達の狂い。
水道管の傷みに気が付かないままでいたローマは、皇帝の異常政治が続きますが、その要因として近年明らかにされつつあるのが、古代ローマを襲った水道腐食要因の鉛中毒症。何年も鉛を摂取すると、脳に異常を来したり内臓疾患になったりするのは当たり前と云われますが、それは現代では分かっている事で古代では分かる筈もない。そして、異常政治が続いたローマはそれに怯えてコンスタンティノープルへと遷都します。

政界の伊達男と楽師

ベートーヴェンが、鉛中毒にされていったという説の根拠になったのが、クレメンス・フォン・メッテルニッヒ(1773年生~1859年没/世界的有名なプレイボーイでオーストリア帝国の宰相にまで上り詰めた侯爵)との確執。 不肖私的には、メッテルニッヒと確執があったのならレカミエ夫人とも絡めたくなりますが・・・。

ベートーヴェンくらいの大物楽師となれば、政治的発言を求められる事も度々。そして、神聖ローマの権力者となっていくメッテルニッヒの対英国外交姿勢などに批判的立場で発言していたと云われます。
メッテルニッヒはベートーヴェンを嫌い、ベートーヴェンにスパイ嫌疑をかけたりします。ベートーヴェンに筆談が多くなったのは、難聴となった事もありますが、それで声が大きくなり何でも筒抜けになる事を恐れて筆談中心の生活となった、とも云われます。
ベートーヴェンの遺書の内容は先述の一文で、それは、生まれ育ったドイツの事ではないのか?で済みそうな話ですが、それでは済まなくなったのが、同時に発見された未投函の三通の恋文。恋文相手の宛名は「BT」。う~ん・・・レカミエ夫人は空振りです。レカミエ夫人の全名前は、ジェーン・フランソワーズ・ジュリー・アデレーデ・ベルナルド・レカミエ。「B」は、Bernardで該当しても「T」は無し。

まあ、有名人の恋の相手が有名人でなければならない理由は何も無いので無駄な詮索は止めます。

左から、スタンダール/ベートーヴェン/メッテルニッヒ                            

映画「不滅の恋」で紹介された恋文の一文が下記。
私の不滅の恋人よ。私達の願いを運命が聞き届けてくれるかどうか、期待しながらあれこれ楽しんだかと思うと、次の瞬間には哀しくなってしまう私です。
私は、あなたと一体となれるのか、それともこの先あなた無しで生きていくのか。
そう、私があなたの腕の中へ飛び込んで行けるまで、あなたの許で完全に故郷へ帰った気になれるまで、そして私の魂が、あなたに見守られて精霊の国へと届けられるまで、あなたを思い、遠くで彷徨う事に私はそう決めました
でも、これだけを読んで恋人への”叶わぬ”恋文と捉えるには無理がある?

死期を悟った敬虔なクリスチャンが、聖母マリアに捧げた散文のような気も致します。でも、彼のベートーヴェン様でも、愛する女性の腕に包まれたい(女々しい?)気分の時もあるでしょうし、恋心を綴りたい気分の時もあった。という事にしておきましょう。

好きなら、それを素直に恋文に表す。女ったらしの伊達男メッテルニッヒとは一味違うベートーヴェン。更に、恋愛の神様スタンダール。こういう人達が時代を彩った18世紀後半~19世紀前半のヨーロッパ。戦争拡大期にも関わらず、男達は女性達に恋を語り続けた。戦い最中でも(心に)余裕のある、恋愛を大事にする男達が大勢いたヨーロッパの魅力は尽きる事がない。

★★★(2015年の恋文の日=5月23日に書いた文章です。毎年5月23日には、皆さん、恥ずかしがらずにラブ・レターを書いてみましょう。行方知れない相手への、届けることの出来ない文章だとしても素敵なことです。とか言いながら、自分自身は・・・)★★★

コメント

タイトルとURLをコピーしました