藩政改革史

江戸幕府期

卓犖闊達(たくらくかったつ)/佐賀藩の色々

伊万里焼は唐津焼と同様の理屈で、積出港が伊万里港なので伊万里焼と呼ばれたが、その大半は、有田で焼かれた。今では、有田焼という名前の方がスタンダードですが、磁器を焼き始めた頃は全て「肥前磁器」とか「肥前佐賀磁器」と呼ばれていた。
TOPICS/雑記

成る業を成らぬと捨つる人の儚さ

「勇なるかな勇なるかな、勇にあらずして何をもって行わんや」。という言葉を胸に改革にまい進した上杉鷹山。勇気がなければ何事も成せない。勇気があったからこそ、「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」と鼓舞出来た。
2019.11.20
タイトルとURLをコピーしました