縄文人/アズミ人

黎明期

新・日本古代期怪説(7)~アイヌとアズミの悲劇的再会~

「ごめんなさい」「ありがとう」「分かりました」「分かりません」そして、食事の時には「いただきます」「ごちそうさま」(※御馳走であろうとなかろうと感謝する)。難しいことは一切ない。その言葉をちゃんと言える事が一番肝心。これこそ共生の民。
2019.10.22
黎明期

新・日本古代期怪説(6)~アイヌからの卒業~

今から約1万6500年以上前、世界で最も古い土器文化=初期縄文文化が、古代日本の北海道~青森で始まっていた。言わずもがな、キルギスを発して樺太へ(千島へ)、そして北海道へ渡って来た古代日本人の祖である、アイヌ=アズミ人=初期縄文人が始めた文化だ。
2019.10.22
黎明期

新・日本古代期怪説(5)~アイヌ神話~

日本人は森羅万象に神の存在を信じて「八百万やおよろず神」と呼び、全ての自然、全ての行動、全ての時間・・・に感謝する習性を持つ。 アイヌも、カムイモシリに住まう神々が全てアイヌモシリに降臨されて自然の姿に宿っているという考え方を持つ。正に、同じ。
2019.10.22
黎明期

新・日本古代期怪説(4)~日本列島への到達ルート~

ホモ・サピエンスは、3万5千年前辺りに日本列島へ渡って来た。定説では、朝鮮半島~対馬~北部九州という旅立ったらしいけど、それはけっして正解とは言えない。 古代日本人は、樺太や千島ルートで北海道へ到達。そして本州各地へ向かって行く。
2019.10.22
黎明期

新・日本古代期怪説(2)~アズミ人(安曇人)の旅.2~

インド北部からバイカル湖、モンゴル、シベリアを通って日本列島を目指すルートには、日本人とそっくりな人達が暮らしている。 特に、キルギスや、ブリヤートやヤクートなどには、「日本人?」と思しき人が大勢暮らしている。
2019.10.22
黎明期

新・日本古代期怪説(1)~アズミ人の旅~

縄文人はハプログループ分類ではD1a2とされる。そして縄文人は、アイヌ語ではアトゥイカムイと呼ばれる海を司る神の子孫であり、当サイトでは、アズミ人(安曇人)と呼ぶ。 当サイトは、日本人の祖となったアズミ人の歴史を正しく綴ることを目的とする。
タイトルとURLをコピーしました