新・日本古代期怪説(1)~アズミ人の旅~

黎明期

日本列島と原日本人(=縄文人)

日本列島はどのようにして現在の姿になったのか?・・・それは知らない。知らないけれど、海の中に置かれて無数の島々が点在する現在の姿を想えば、驚愕する程の天変地異が引き起こした結果であるという事には頷ける。

日本列島を今の姿にした天変地異は、更新世(約258万年前~約1万年前)の半ば頃、つまり、今から約130万年前後に起こったものと推定されている。この事を経験した人類の子孫は現生人類にはいない。伝承の欠片もない。そして誰も居ない頃から、この列島は、日本人となるべき民族を此処に誘ういざなう為の(自然)環境を整えて行った。 が、霊長類の人類が住み着くより以前、この列島のあるじとなったのは恐竜様だった。

恐竜が登場するのは約2億3千年万年前。時代で言えば、中生代三畳紀トリアス紀(約2億5100万年前~約1億9960万年前)。それから約6600万年前の白亜紀と新生代の間まで、1億6千万年以上もの長い時間、恐竜様は地球上に君臨して日本列島にも多種存在した。ところが、恐らく巨大隕石の衝突と思わるが巨大恐竜時代は突然終わる。そして長い時間が過ぎ霊長類ヒト科ヒトが誕生して、やがて、現代日本人の祖となる人達=(いわゆる)縄文人が日本列島に現れる。移動性狩猟採集民として”食える環境”が整って以降のことだ。 フクイサウルスやタンバティタニスら多くの恐竜達との生存競争をせずに済んだのだが、恐竜よりも恐ろしい火山噴火や巨大地震その他諸々、この列島の自然と子々孫々付き合う事を選択した縄文人は、度胸有り過ぎ。それはさて置き・・・

日本列島に現れる”縄文人”に類似する民族は、同じ時代の東アジアには存在していない。という確固たる学説がある。そして、どうやら原日本人である縄文人は北海道や東北に登場して列島を南へ下った。

Y染色体ハプログループに於ける”日本族”誕生話

Y染色体ハプログループ(”父系で遺伝する”性染色体)に於いて、 DEグループと、いわゆるインド・ヨーロッパ語族に相当するCFグループが分岐したのは今から約7万年程前とされる=(DEとCFは、共にユーラシアン・アダムであるCTグループだったが約7万年前に分岐した)。DEグループとは、日本固有族(ヤマト人、アイヌ人、琉球人)に限定されるD1a2グループと、チベット人や一部日本人にも伝わるD1a1グループをD群。アフリカに多いコンゴイド人種をE群とするグループです。が、更にコンゴイドのE群とD群が”アフリカで”分岐したのは、今から約6.5万年程前とされる。

他のグループに対して極めて独自性の強いD群は、アフリカを旅立つとインド北部に住み着く。そこで何らかの変化が生じて、D1a2である私達日本人の祖先は北上して、バイカル湖方面へ向かった。今から約4万年くらい前の爺さん、婆さん達の話だ。 ということを伺わせる資料図が↓(Wikipediaより拝借)

上の参照図で見る限り、縄文人は空中を飛んだのか?いきなり渡海したのか?と思われる程、空白地帯が多いのですが、ヤクートやブリヤートその他に日本人そっくりの人達が多くいますから、縄文人となったご先祖様方は、北廻り(樺太~北海道、千島列島~北海道)で日本列島へ到達したものと考えています。だから日本列島内でも、D群分布は北日本、東日本に圧倒的に色濃い。

日本人への流れ

現在の一般的な学説に於いて、(※Y染色体分析に因り)日本人の”血”には、二つの流れがある事が認められている。

●DEグループから派生=>D1a2=古モンゴロイド系(いわゆる)縄文人 (※寒冷適応する前の縄文人) 。上、参照図の人達。

●CFグループから派生=>O1b2a1=新モンゴロイド系(いわゆる)支那系弥生人

縄文人は、紀元前15世紀以降に大陸(いわゆる朝鮮半島)へ渡り支那人(支那系弥生人)と混血し始める。更に、支那人は日本列島へ渡来し、各地で混血が積み重ねられ、日本人の見た目や特徴が変わって行った。 つまり、元々はDグループに属する縄文人が、CFグループに属する弥生人を受け入れて新日本人となり現在の国家の基礎を成したという事です。 更に、ハプログループO1b2a2=新モンゴロイド系(いわゆる)満州系&韓系との混血が少しずつ進む。しかし、韓系DNAと混じり合った (特に、日韓併合後にはそれが加速) ことが、現在に至る様々な社会問題を生じさせていることを否めない。

アイヌと琉球とヤマト

88%が縄文系と見られるアイヌ人と、それ程ではなくても縄文系が多い琉球人、そしてヤマト人が、同じ国家国民を成したことは民族的にはけっして間違ってはいない。間違ってはいないが、そのやり方には多くの間違いを犯した。特にアイヌ人に対しては、酷い間違いを積み重ねて今に至っている。アイヌ文化こそ本来のヤマト人(=縄文系の血が濃い)が大切にするべき文化であったのに、日本列島への旅を何もかも忘れてしまってアイヌを無下にした。しかしながら、多くの日本人はその事を意識していない。共通の祖を持ち、精神文化的な祖と言えるアイヌ人を粗末にした過去を忘れてしまったから、結果的に日本は北方に大きな領土問題を抱える羽目に陥った。

琉球人(沖縄人と元々の台湾人=漢人に占有される以前の台湾)に対しても、薩摩藩や江戸幕府は間違った対応を行った。更に戦後政治は、沖縄に対しても、台湾に対しても、酷くギクシャクしている。尖閣問題や米軍基地問題がスムーズに解決出来ないのも、琉球とヤマトの過去が原因と言えなくもない。

兎も角、日本人本来のDNAには、ハプログループ D1a2=古モンゴロイド系の血が濃く伝わっている。

アズミ人?

父系を辿れるY染色体ハプログループ分析に対して、母系を辿ることが出来るのがミトコンドリアDNAハプログループ分析。その母系分析に依り、縄文人のルーツは一つではなく複数個所あったと考えられている。でも兎に角、当SITEではそこまで拘らずに、北廻りで現れた縄文人が原日本人であり、上述したように、弥生人らと混血して新日本人化したという事を基本にして当タイトルの記事を作ります。

タイトル表記のアズミ人(安曇人)について説明しておきます。
DIa2=古モンゴロイドに属する縄文人は、インド北部を出自としてユーラシア北方を旅する過程で二手に分かれ、一方は樺太方面から、もう一方はカムチャッカ~千島列島方面から、共に北海道へ渡る。勿論、樺太やカムチャッカ、千島列島の各島嶼に居残った人達も多く、特に樺太を永住地として求めた人達は、樺太アイヌ族の祖となった。

ところでアイヌには、「アトゥイカムイ」と呼ばれる海を司る神がある。文字が無い時代(そもそも、アイヌは口伝が基本)、言葉だけで”アトゥイ”という神の名を言い伝えていたら、何処かの時点できっと「アズミ」と認識される。そして、海洋民族、海人族である私達日本人は、アズミ神の末裔を名乗る事になる。日本という国家名が誕生するよりもずっと以前、紀元前数万年の頃の話。

一般的に知られている安曇族は、志賀海神社を総社として祀られる海神(ワダツミ=綿津見神)を祖とする海人族ですが、安曇族の姫と婚姻した熊襲族の山幸彦(山佐知毘古)の孫が初代・神武天皇です。つまり、日本という国家の始まりはアズミ=安曇に起因する。というわけで、国家化する迄のこの列島の住民は、「日本人」ではなく「アズミ人(安曇人)」を名乗っていた(何の根拠もないけど)。アズミ人=日本人の祖という勝手な”怪”説に基づく当タイトル記事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました