八百万神

日本史記事紹介

新・日本古代期怪説(5)~アイヌ神話~

昔々、天地がカオスの頃、穢れの海が出来た。海には一つの島が誕生するが、コタンコロカムイが棲む島であった。その島に一柱の光が差し込み国造りの神が降臨された。次に、五色の雲が現れ、雲の中からも一柱の光が島に向けて差し込み、別の国造りの神が舞い降りられた。
2019.10.22
タイトルとURLをコピーしました