テュルク系遊牧民族の歴史

中央ユーラシア史記事紹介

帝政ロシア成立史(1)~コサック探検家と国域拡大~

ロシア国家の始まりは、大ブルガリア(現在のブルガリアの前身)から、テュルク系ブルガール人の一部が集団離脱した頃(660年)を起源とするのが一般的な見方とされる。そうであるならば、ロシアもテュルク系遊牧民族後裔国家の一つと言える。
中央ユーラシア史記事紹介

テュルク

多民族多言語で構成される"トルコ人"の説明は容易ではない。 人種の坩堝と言われるこの一帯全てのトルコ人を説明するのは、当のトルコ人でさえ難しいと云われる。 しかし、トルコ族の説明は容易だ。彼らは、アルタイ語系チュルク語族である突厥を祖とする。
2019.10.29
タイトルとURLをコピーしました