革命

酔舞如記事紹介

反日本主義と皇位継承問題の怪説

天皇は、国民の上に立つ「帝」ではなくなり、国民統合を「象徴」する存在とならせられたが、天皇や皇后、そして宮様方が御示しになられる立ち居振る舞いや、お伝えになられるお言葉等々こそが、日本国民が日本国民であることを常に再確認出来るようになった。
酔舞如記事紹介

150人理論と支那が劇的変化を遂げる時への期待

インターネットを知った人々が大人社会の中枢を占める百年後の支那には、14億人(その頃は15億人以上だろうけど)を上手にコントロール出来る新たな政治体系が確立されているかもしれない。それが出来ていれば、7~80億の地球人類が内部崩壊する危機は回避出来るかもしれない。
酔舞如記事紹介

ヘディ・キースラー・マーキーの「Secret Communications Syaytem」

ヘディ・キースラー(1914年11月9日生~2000年1月19日・永眠)は、 映画史上初めて、女優が"オーガズム"を表現した作品として名が残る『春の調べ(原題:エクスタシー)』(チェコ映画)="元祖ポルノ映画"に19歳で主演した。
雑記色々

流行は量を必要とするが、革命は質を必要とする

「流行は人の多さの中に生まれ、革命は人の強さの中に生まれる。」言い換えるなら・・・ 「流行は人の多さを求め、革命は人の強さを求める。」 流行っただけなら必ず廃る。そして忘れ去られる。 革命は成せれば必ず残る。忘れられることなく刻まれる。
酔舞如記事紹介

世界で最も多くの人の心が寄せられる墓地ペール・ラシェーズ

ペール・ラシューズは、パリ・コミューン最後の抵抗地となった。老若男女、民間人が圧倒的多数を占めているパリ・コミューンに対して「市民の生命は鳥の羽根ほどの重さもない。」という強い態度で臨むヴェルサイユ政府軍は、投降した市民さえ銃殺、惨殺を実行した。
2019.11.01
近代史記事紹介

キクユ族の英雄ケニヤッタと人類学の偉人リーキー

「白人がアフリカにやってきたとき、われわれは土地を持ち、彼らは聖書を持っていた。彼らはわれわれに目を閉じて祈ることを教えた。われわれが目を開いたとき、彼らは土地を持ち、われわれは聖書しか持っていなかった。」とはケニヤッタの名言。本当にそうだろうか?
2019.11.01
酔舞如記事紹介

歴史には革命が必要

現生人類に文化を齎す結果となったのは、認知革命、農業革命、科学革命など、大きな革命が起きたからである。が、実はこれらの革命は現在も進行中であり、全く別の人類を生む可能性を秘めている。
2019.11.01
タイトルとURLをコピーしました