2019-09

中央ユーラシア史記事紹介

テュルク

多民族多言語で構成される"トルコ人"の説明は容易ではない。 人種の坩堝と言われるこの一帯全てのトルコ人を説明するのは、当のトルコ人でさえ難しいと云われる。 しかし、トルコ族の説明は容易だ。彼らは、アルタイ語系チュルク語族である突厥を祖とする。
2019.10.29
先史時代記事紹介

本初子午線から日本を見て、そして地球を考える

太平洋の広さが際立つ地図よりは、本初子午線基準の地図の方がヒトの流れ、文化の流れをより感じ易い。 そして、大陸変遷図を見比べると未来の地球の姿が想像出来る。 超巨大隕石の衝突が起きずとも、地球は、惑星として必要な活動を必ず行う。人類を考慮しない。
2019.10.29
古代世界記事紹介

BCE1200カタストロフ

紀元前1200年のカタストロフ(紀元前1200年±50年頃とするのが正しいみたいですが)によって、約400年間アナトリア半島の支配者だったヒッタイト帝国が滅亡する。 カタストロフが何だったのかについては、まだ正確なことは分かっていない。
2019.10.29
酔舞如記事紹介

人間最大の能力は「嘘」

ホモ・サピエンスは、"嘘を吐いてしまう能力"を保有した。そして、保有した能力を利用するのがヒトの本能である。 何事も、先に「考え」て動くような習性になった私たちは、まだ起きていない、まだ何もない事を「事実」「現実」に出来る能力を持つに至った。
2019.10.27
日本史記事紹介

新・日本古代期怪説(6)~アイヌからの卒業~

今から約1万6500年以上前、世界で最も古い土器文化=初期縄文文化が、古代日本の北海道~青森で始まっていた。言わずもがな、キルギスを発して樺太へ(千島へ)、そして北海道へ渡って来た古代日本人の祖である、アイヌ=アズミ人=初期縄文人が始めた文化だ。
2019.10.22
近代史記事紹介

『恋愛論』と、ベートーヴェンのラブレター

好きなら、それを素直に恋文に表す。希代の女ったらしで政界の伊達男メッテルニッヒとは一味違う天才楽師ベートーヴェン。更に、恋愛の神様スタンダール。こういう人達が時代を彩った18世紀後半~19世紀前半のヨーロッパには、戦争拡大期にも恋を語る男達が大勢いた。
2019.10.31
日本史記事紹介

新・日本古代期怪説(5)~アイヌ神話~

昔々、天地がカオスの頃、穢れの海が出来た。海には一つの島が誕生するが、コタンコロカムイが棲む島であった。その島に一柱の光が差し込み国造りの神が降臨された。次に、五色の雲が現れ、雲の中からも一柱の光が島に向けて差し込み、別の国造りの神が舞い降りられた。
2019.10.22
日本史記事紹介

新・日本古代期怪説(4)~日本列島への到達ルート~

ホモ・サピエンスは、3万5千年前辺りに日本列島へ渡って来た。定説では、朝鮮半島~対馬~北部九州という旅立ったらしいけど、それはけっして正解とは言えない。 古代日本人は、樺太や千島ルートで北海道へ到達。そして本州各地へ向かって行く。
2019.10.22
近代史記事紹介

キクユ族の英雄ケニヤッタと人類学の偉人リーキー

「白人がアフリカにやってきたとき、われわれは土地を持ち、彼らは聖書を持っていた。彼らはわれわれに目を閉じて祈ることを教えた。われわれが目を開いたとき、彼らは土地を持ち、われわれは聖書しか持っていなかった。」とはケニヤッタの名言。本当にそうだろうか?
2019.11.01
雑記色々

性格が変わった?

歴史改正Web-Siteを構想し、思い切って作り始めて外枠だけは何とか完成させて、そして今、以前のBLOGやハードディスク等々に仕舞い込んでいる記事を移行(文章の殆どを編集し直しながら)し始めたのですが、想像以上の時間を要している。こりゃ...
2019.10.22
タイトルとURLをコピーしました