衰え?劣化?退化?・・・取り敢えず、復活!

雑記色々

12月最初の投稿、と言うか生存報告です。

先月末にまたもや風邪を惹き(治りかけてたものがぶり返した)、今回も酷く拗らせてしまいました。当BLOGサイトの記事更新がやっと調子に乗って来ていたところだったのに10日も更新出来ず。その間に、世の中では色々な事が起きていて、記事に取り上げたいことだらけの状態だったのに残念(苦笑)

ところで、加齢に因るものと思われる風邪の治りの悪さが年々酷くなる。いつまでも若い頃のようにいかない事は分かっているけど、ほんと、としだねェ~・・・イヤになる。もうそろそろ忘年会シーズンに突入するけど、今年は、お酒はほどほどにしよう。それよりも、決算処理が迫って来ていて、そっちの方が大変。少々ビビっている。消費税・・・ちゃんと払えるやろうか?(苦笑)いや、使い込んではいないので大丈夫な筈だけど。税務署様は絶対にオマケしてはくれないからねェ。政治家には(特に権力者には)メチャクチャ甘い対応するのに、零細経営者には圧倒的に鬼のように厳しいので、これまたイヤになる。政治家に対しても厳しく対応しろ!そしたら節税なんか考えずに喜んで支払うぞ。

というわけで、年末のお付き合いと、顧客対応と、決算準備と・・・物凄く大変な年の瀬になりそうなので、記事更新は滞り気味になるかもしれません。事前にお詫び申し上げます。

以上のことだけの為の記事更新だと何の雑記にもならないので、BLOG休んでいる間の政治に対する愚痴を書きます。

桜を見る会に於ける内閣の私物化や招待客資質(反社会的勢力など)その他諸々の問題に対して、与・野党の攻防がずっと続いていたけど、これもほんとイヤになるね。野党は、肉を切らせて骨を断つ”覚悟の攻撃”を出来ないのかな?自分達だって過去にはこうだった。と洗いざらい晒した上で、それでも現在の内閣がやっていることはこんなに酷い!と追及するべきところを、自分達のことはひたすら棚上げするから逃げられてしまう。この腐った情けない野党が、またしても旧民主党中心に再編(再統合)しようとしている。しかも今回は社民党も含めて?完全に、反日本主義政党だということを前面に押し出して来たようだが・・・そんな政党を誰が応援するってんだ?ほんと馬鹿じゃなかろうか。

いやいや、馬鹿じゃなかろうか、と言うよりは、遂に(日本に対して)反国家主義勢力であることを認めたという事か。これは、自民党vs共産主義(社会主義)への流れに向かっているということか?それならば喜ばしいが・・・

兎に角、日本が嫌いな人間に国家政治を許してはならない。先ずは、反国家主義者から議員資格を奪う(選挙で落選させる)。その次に、政治を私物化するような腐った人間達(現在の内閣に巣食っている人間達のこと)を殲滅する。そういう風にならないものか?

腐れ政治家どもは、自分の生まれ育った国を嫌いになっている人が増えている空気を読めていないだろう。利他主義者になれとは言わないが、与党も野党も利己主義が過ぎる。自分達の明らかな非を認めず、嘘を嘘で塗り替えようとする。政治家が、惨めでみっともない姿を見せ合っていてどうするよ?民は、お前ら(政治家)に大きく失望しているよ。極論、絶望している人も少なくないよ。政治家が、国家政治を私物化して、民ののぞみを失わせたり、絶たせたりして、それでよくもエラそうに「政治家」だって言えるよな・・・全く以て哀しくなるね。

政治家以上に哀しくなるのは、日本の法曹界だ。検察も弁護士も判事も・・・信ずるに値しない。勉強し過ぎて、法律技術・・・法文の解釈技術ばかりに懸命になっていないか?信用出来ない検察、腐った判事、外道弁護士、・・・。法文よりも、もっと民の心と向き合えないか?哀しい国だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました